WEB面接で優秀な人財を採用するには?

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除され、人の流れも戻りつつありますが、第二波の懸念が叫ばれています。
また企業の倒産や事業縮小により多くの方が職を失ったというニュースも連日取り上げられています。
先行きが見えない不安もありますが、優秀な人財を採用するチャンスでもあります!
そこで、すでに導入している企業も多い『WEB面接』について、実際の面接風景も含めてお届けしていきたいと思います!

1.導入ツールの選択

無料で利用できるものから有料のものまで様々なツールが出ています。
ポイントとして、求職者も簡単に導入できるツールが望ましいです。

無料ツール→Zoom、Skype、Googleハングアウト、Teamsなど
有料ツール→InterviewMaker、Calling、HARUTAKAなど

企業規模や社内の会議ツールとして利用することも含めて検討することをお勧めします。

2.事前に質問内容をまとめる

志望動機や職務経歴書にまとめてあるような業務内容は面接準備として候補者にも想定できる質問内容のため、自分をよく見せようと取り繕った回答になることが多くあります。
そのため、どのような状況で成果を上げてきたのかを深堀する質問が必要となります。

・どのような組織(役割)で    ⇒  ⇒  ⇒  状況
・どのような目標(問題)を    ⇒  ⇒  ⇒  課題
・どのような計画(行動)により   ⇒  ⇒  行動
・どのような結果(変化)になったか  ⇒  成果

3.募集にはウェビナーが効果的!

ウェビナーという言葉を見かけたことはありませんか?
ウェブ(Web)とセミナー(Seminer)を合わせた言葉でオンラインセミナーとも呼ばれています。
最近Web広告でも目にするようになりました。

企業説明会はある程度規模の大きい会社が単独で行ったり、合同の企業説明会に参加するものが主流でした。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、企業説明会自体が開催できない状況になったことから、Webを使った採用にシフトする企業が多くなってきました。

ウェビナーを利用した企業説明会のメリットとして以下のものがあります。

☆希望者は場所を選ばずに参加できる
☆リアルタイム配信だけでなく、録画配信もできるので、1度動画を撮ってしまえば継続的に候補者にアピールできる

企業の個性を出しやすいのも特徴です!

最後に・・・

株式会社大成ERCは登録型の人財紹介事業、人財派遣事業を行っており、新型コロナウイルス感染拡大以前から電話面接やWeb面接を行って来ました。
Web面接を自社でも導入したい!という企業様はお気軽にお問い合わせください♪

↓↓外国人財の面接風景はこちら↓↓

面接者は日本に来てまだ半年を過ぎたばかりのベンカテースさんですが、日本語も流暢に話せる即戦力高度人財です!
各種部品製造にかかわる設計を得意とするエンジニアを募集している企業様は是非お問い合わせください!

雇用に関するコロナウイルスの情報は下記をご参考下さい。

・新型コロナウィルス感染症に係る派遣労働者の雇用維持等に対する配慮に関する要請書→PDF

・新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置の対象事業主の範囲の拡大について→厚労省HP

・小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設します→厚労省HP

・雇用調整助成金→厚労省HP

・雇用関係助成金に関する主なお問い合わせ先ー覧→PDF

【労働者派遣契約の中途解除に係る周知及び啓発について(要請)】(厚生労働省)→PDF

・派遣元向けリーフレット
 「労働者派遣契約の中途解除等に伴い、派遣労働者を安易に解雇することはできません」→PDF

・派遣先向けリーフレット
 「労働者派遣契約の安易な中途解除はしないでください」→PDF

・新型コロナウイルス感染症に関するQA(労働者派遣)
 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言や、要請・指示を受けた事業の休止に伴う労働者派遣契約の中途解除等について→PDF

トップページへ戻る