【ウィズ・コロナ】新卒/中途採用/外国人財採用どう進めるの!?

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除され、当初は『アフター・コロナ』という言葉が出回りましたが、一部の専門家から最終的な終息には数年かかる可能性があるという説が出てからは『ウイズ・コロナ』という言葉を目にするようになりました。

そのような状況の中、今回は新卒採用・中途採用・外国人採用の影響と採用市場と採用方法の変化をお送りしたいと思います!

新卒採用市場

ここ近年の新卒採用活動は早期化が続いており、2021年卒も同様に早期化が進んでいましたが、3月以降新型コロナウイルスの感染拡大が叫ばれるようになってからは、合同企業説明会を中心とした新卒採用イベントが軒並み中止となった結果、各企業も対応に追われている状況が続いています。

企業説明会は集合型からWebでの実施が主流となり、面接もWebに移行しつつあります。
しかし学生の声を聴くと、企業説明会はWebを希望しているものの、面接に関しては対面での実施を希望している学生が多くいるようです。
これは、PCやWeb環境に不安を覚えていることがあるためで、採用担当の方は、こういった学生の意見を尊重することも、新卒採用を成功させる一つのポイントとなります。

中途採用市場

ニュースでも見かけるように、倒産を余儀なくされる企業や、事業縮小による人員整理を行う企業が出てきていること、就業中であっても休業による待機や就業制限を行っている勤務先に対して不安を覚える方が多く、顕在的・潜在的な求職者数が大幅に増えてきています。
採用に積極的な企業は優秀な人財を採用できるまたとないチャンスです!

外国人財採用市場

現在、各国からの入国規制を敷いている状況ですので、海外新卒や技能実習生の受入は後倒しもしくは中止になるケースが出ています。
そのため、直近では国内にいる外国人財の採用が中心となります。
令和元年10月末時点で166万人を超える外国人財が日本国内で働いています。
中途採用市場と同じように、求職者数が増えていることもあり、即戦力の外国人財を採用できるチャンスです!

ポイントは、母集団をいかに形成して優秀な人財からの応募を受けるかにあります。
各社企業活動が制限される中、これをチャンスととらえて準備してみてはいかがでしょうか?

感染予防対策の採用活動方法とは?

前記にもあるように採用活動は対面ではなく、WEB上での活動が中心となります。

1.HPの刷新

新卒はもちろんですが、転職者も外国人財もWEB上での求職活動が中心になるため、求人を見た求職者は必ずといっていい程、HPで事業内容を確認します。
内容が更新がされていなかったり、しっかりとアピールが出来ていないと応募を躊躇する傾向にあります。

2.WEBセミナーの実施

各社様々なオンラインセミナーが開催されています。
有料のセミナーもありますが、中には無料で参加できるセミナーも多くあり、参加されてみるとイメージも付きやすいです。

3.アピール動画の作成

求職者向けの動画はもちろんですが、そんなに多くの求人を出さないという企業様の場合は、自社のサービスを動画にしてみてはいかがでしょうか?
対面での営業活動が制限される中、注目を浴びているのが動画によるマーケティングです。
自社のサービスを理解してもらうことは、顧客にとっても求職者にとっても必要不可欠な内容です。

いかがでしたでしょうか?
テレワークによる在宅率が上がる中、WEBを利用しない手はありません!
是非検討してみてください。

トップページへ戻る